相談しにくい脇ニキビの原因と対策

相談しにくい「脇ニキビ」

「脇が痛いと思って、触ってみたら脇にニキビができていた」という経験はありませんか?
蒸し暑い季節などは脇ニキビに悩む方が増えているようですが、顔や背中に比べて脇はデリケートな部分のため、なかなか人に相談しづらく厄介ですよね。

ここでは脇ニキビの原因と対策をご紹介します。


なんで脇ニキビができるの?

そもそもニキビとは、毛穴に皮脂や雑菌が詰まり、アクネ菌が繁殖することによって起こる炎症です。
顔や背中のニキビが話題になることはありますが、脇にもニキビができるという話はあまり聞きませんよね。
ではなぜ脇にニキビができるのでしょうか?

最も大きな原因は「ムレ」

脇ニキビができる一番の原因は、何といっても「ムレ」です。

ジメジメと蒸す季節は水回りにカビが生えやすく、雑菌が繁殖しやすいですよね。 脇でも同じ現象が起きており、汗をかいてムレると雑菌が繁殖するため、ニキビができやすくなります。


脇のムダ毛処理による炎症

脇のムダ毛処理をする女性は多いと思いますが、処理をしていると毛穴に傷をつけてしまうことがあります。その傷が炎症を起こすと膿んでしまい、脇ニキビに発展してしまうのです。 毛穴に傷がついていなくても、ムダ毛を抜いた毛穴に雑菌が入り込んで、ニキビになってしまうこともあります。

さらに脇ニキビが悪化すると、その膿が毛穴の外に出られず袋のように溜まってしまい、「毛のう炎(もうのうえん)」という症状に陥ってしまいます。毛のう炎になると、炎症だけでなく悪臭の原因になってしまうため要注意です。


脇ニキビにならないために

前述のとおり、脇はムレやすくて雑菌が繁殖しやすいため、日頃のケアが大切です。
脇ニキビの対策をまとめました。

脇ニキビの予防法

今日からできる、脇ニキビの予防法は以下の通りです。

濡れタオルや汗取りパッドを活用する

濡れタオルなどで脇を拭いたり、市販の汗取りパッドを使って汗が溜まりにくい状態にしましょう。また、通気性がよい服を選ぶと、ムレにくくなります。


制汗スプレーを使う

制汗スプレーは雑菌の繁殖を防ぎ、脇ニキビの対策になります。
汗をかいた後に制汗スプレーを使うイメージが強いですが、実は入浴直後などの清潔な時に使うのが正しい使い方です。汗をかいて雑菌が繁殖し始めてから使うよりも、汗をかく前の清潔な肌に使う方が効果的です。


ムダ毛を処理した後は、冷たいタオルなどで冷やす

ムダ毛を処理した後の毛穴は非常に敏感で、雑菌が入り込みやすい状態です。 処理をしたら、消毒してから冷たいタオルなどで処理した箇所を冷やし、ジェルなどの低刺激の保湿剤で保湿すれば、雑菌の侵入を防ぐことができます。


光脱毛などで脱毛する

カミソリや毛抜きでムダ毛処理をすると、毛穴がダメージを受けるうえに、黒ずみも起こりやすくなります。光脱毛などをすれば、自分で処理をして毛穴や肌を傷つけることが減るためおすすめです。


食生活や規則正しい生活を意識する

油分の多い食事を摂ると、肌から皮脂が分泌されやすくなり、毛穴に皮脂が詰まってニキビができてしまいます。顔のニキビも同様ですが、油分の多い食事を避け、規則正しい生活をすることで、汗の量や質が変わって脇ニキビができにくくなります。


脇ニキビの治し方

脇ニキビができてしまったときには、以下の方法を試してみてください。


市販のニキビケアコスメを使う

脇のニキビにも、顔のニキビ用のコスメが使えます。 なかなか治らない顔のニキビに比べて、脇ニキビは早めにケアすれば治る場合が多いため、まずは市販のニキビケアコスメを試してみるとよいでしょう。


皮膚科に行く

どうしても治らないときは、皮膚科に行きましょう。 脇にできたものが、ニキビではなく別の出来物や「粉瘤(ふんりゅう)」と呼ばれるものだった場合、ニキビとは違った治療法が必要かもしれません。


とは言え「人に脇を見せるのは少し恥ずかしい」という方も多いと思います。 そんな方は、ニキビケアコスメでセルフケアしましょう。

脇ニキビも毛のう炎も、できるより前に予防したいですね。 日頃から脇を清潔にして、脇ニキビとは無縁の生活を送りましょう!

↑ PAGE TOP