ニキビができた時メイクはどうしたらいい?

ニキビとメイクについて

女性の場合、ニキビができているからといってメイクをしないというのはなかなか難しいですよね。 会社によってはノーメイクをマナー違反としているところもあるくらいです。

ニキビがある部分にファンデーションを厚塗りして隠す方もいますが、ただファンデーションを厚塗りしただけではうまく隠すことができません。 まずは、ニキビ用に開発されたベースメイク用商品をチェックしてみましょう。

ニキビができている間はできるだけメイクをしない方が良いのですが、ニキビ用に開発された化粧下地やファンデーションであれば、ニキビへの刺激を抑えながら目立たなくすることができます。

こういった商品を使ったからといってニキビが早く治るというわけではありませんが、悪化を防ぐことにはつながるので、ニキビができやすい体質の方は用意しておくと良いですね。 また、ファンデーションを選ぶ際にはリキッドタイプではなくパウダータイプを使った方が肌への負担が少ないです。

ニキビが炎症を起こして赤くなっているとコンシーラーを塗って隠しがちですが、コンシーラーの中には刺激が強いものもあるため、こちらもニキビ用に開発されたものを選ぶと良いでしょう。

ニキビをコンシーラーでカバーできれば、ファンデーションは薄く塗るだけで済むので、厚塗りになってしまうこともありません。 それから、メイクをした日はしっかり落とすことが基本です。 そのままにしてしまうとニキビの原因の一つである顔ダニの異常繁殖に繋がってしまうこともあるため、寝る前には必ずメイクを落としましょう。

クレンジングについてですが、オイルタイプは肌への刺激が強いため、ジェルタイプを使ってみてはどうでしょうか。 美容成分が配合されているクレンジング剤もあります。 洗顔後は化粧水などを使ってしっかり保水をすることが大切です。 肌が乾燥した状態だとニキビができやすくなってしまうため、保水と保湿にもこだわりましょう。

肌質やニキビの状態によってどのような商品が合っているかは違ってくるため、自分の肌の状態を確認しながら最適なものを選ぶことが大切です。

↑ PAGE TOP