体の中に老廃物が溜まっている証拠かも?

にきび解消と体内環境の正常化

にきびを改善させるためには、体内環境の正常化が欠かせません。また、にきび対策を行う際は、体内環境は血管と腸に大きな影響を受けているということを、しっかりと認識しておく必要があります。

血管や腸に異常が出てくると、体内の新陳代謝機能が落ち、老廃物が適切に排出されなくなるばかりか、身体に有用な物質の吸収力が著しく低下します。その結果、体内に老廃物や水分が蓄積し、にきびができやすい体内環境ができあがってしまうのです。

さらに、活性酸素に対する抵抗力も落ちてしまうため、体中の細胞が酸化しやすくなり、肌に大きな悪影響が出てしまうこととなります。

活性酸素は、紫外線の浴びすぎやストレスによって増える性質がありますが、体内環境が乱れている状態では、この活性酸素の生成を抑えるどころか、助長してしまう危険性が出てきてしまいます。 体内環境を改善させるためには、自分の身体の状態を的確に把握しておくことが重要となります。

体内の状態が良い場合は、肌の張りや色つやが良く、便通もスムーズです。しかし、体内環境が悪化している場合には、にきびの発生だけでなく、便秘や慢性的なだるさ、やる気の無さといった症状がみられるようになります。

そのため、身体の調子が少しでも悪いなと感じたら、まずは体内環境の正常化に気持ちを向けることが重要となります。にきびができている場合であれば、体内環境を整えるために、規則正しい生活と、バランスの取れた食事を心がけ、しっかりと睡眠を取ることが必要となります。

加えて、肌に効果的な栄養素である「ビタミンA、ビタミンB2・B6、ビタミンC、ビタミンE」などを効率良く摂取するために、野菜ジュースやマルチビタミンのサプリを活用するなど、必要な栄養素を体内に取り入れる工夫をすることが重要となります。

これらの対策を続けていくと、血管や腸の健康を取り戻すことができるため、体内環境も改善し、にきびが解消するだけでなく、にきびができにくい身体を手に入れることができます。日頃から、身体と心に負担をかけないよう心がけ、腸と血管の健康に気を配りながら、にきびのない美しい肌作りを目指してみて下さいね。

↑ PAGE TOP