生理前のお肌はとても敏感なんです

生理前ににきびができやすくなる理由とは?

生理の前になると大人にきびが増えて困る、という女性は少なくありません。生理前の女性の身体は、通常時よりも肌が敏感になっているため、外からの刺激に過剰に反応することも少なくありません。

そのため、生理前ににきびが増えるというのは、気のせいではなく女性の身体のつくりからして当然のことだと言えるでしょう。また、生理前ににきびが出来やすくなる理由には、女性の生理周期を司る、黄体ホルモンと卵黄ホルモンが関係していると考えられています。

生理の約一週間前になると、女性の身体には黄体ホルモンが増え始めます。余談ですが、生理が始まると、黄体ホルモンの量は減少します。

この黄体ホルモンは、皮脂の分泌に深く関わっており、黄体ホルモンが増えると皮脂の分泌も促進されます。この場合、分泌される皮脂は必要以上の量となるため、にきびが出来やすい肌状態となりがちです。これは、女性の生理現象となるため、自分の意思でコントロールできません。

この黄体ホルモンの過剰分泌だけでなく、生理中には普段と比べて不眠症になりやすかったり、イライラしてストレスが溜まりやすくなってりします。これらの要因は、大人にきびを引き起こすトリガーともなりますので、十分注意が必要です。

ちなみに、生理前の不眠症や、理由もなく苛ついて落ち着かないといった症状は「月経前症候群」と呼ばれています。この月経前症候群は、にきびの発症や進行に深い関わりを持つものですが、月経前症候群を意識しすぎる余り、神経質になるのは良くありません。

神経質になると、非常に小さな部分まで気にするようになり、ストレスを抱えやすくなってしまします。皆さんもご存じの通り、ストレス過多はにきびを引き起こす、特に大きな要因となるものです。

ただでさえ、生理前はにきびを作りやすい肌状態となっています。にきびを悪化させない、増やさないためにも、ビタミンB2やB6など、肌質改善に役立つ栄養素の豊富な食事を摂ることを心がけましょう。また、足りない栄養素やビタミン・ミネラルを、サプリメントで補うのも効果的です。

↑ PAGE TOP