にきび予防には、にきびが出来る原因をまず知ることが大事です!

にきびってどうやってできるの?

年齢に関係なく、にきびで悩む人は多いものです。そもそも、にきびは どのようにしてできるものなのでしょうか。原因が分かれば、正しい方法 で予防や対策、ケアを施すことが可能となります。それでは、詳しくみて いくことにしましょう。

まず、にきびができる原因についてですが、これは皮脂によって毛穴が 詰まることでできるといわれています。皮脂は、肌を守るために必要な ものですが、過剰に分泌されると毛穴が角化してしまい、アクネ菌が 増殖し始めます。そして、結果的に、にきびができてしまうのです。

そのため、対応策としては、常に肌を清潔に保ち、毛穴の詰まりを 防いでニキビができづらい肌を作ることが重要となってきます。 このようにみていくと、こまめに洗顔をしておけば問題がないように 感じてしまいますが、必ずしもそうとはいえません。

なぜなら、 洗顔をし過ぎてしまうと、肌を守るために必要な皮脂まで洗い流して しまうからです。 必要な皮脂まで洗い流してしまうと、雑菌などが毛穴に入り込んで しまい、余計にきびが悪化することになります。ですから、正しい 方法で適度に洗顔することが重要となってくるのです。

また、ニキビができる原因は、思春期と成人とでは違ってきます。 思春期の場合、成長期ということもあって、過剰に皮脂が分泌される ために、にきびができやすくなるのですが、成人の場合は原因が多岐 に亘ります。

例えば、食生活などの生活習慣が原因でにきびができることがありますし、 ストレスが影響を与えていることもあるのです。 そのため、対策やスキンケア方法は、原因を把握した上で行わなければ なりません。もしも、間違った方法で対策やスキンケアを行った場合、 なかなか肌の状況が改善しないばかりではなく、悪化することもあると いえます。

以上、どうやってにきびができるのかについてみていきましたが、 状況によっては専門家の力を借りて、対策やケアを行う必要が出てきます。 にきびくらいと安易に考えるのではなく、悪化する前に適切な処置を 施すようにしましょう。

↑ PAGE TOP