子育て中の求職活動、やっぱり不利?

仕事と育児の両立は難しい?

子育て中の求職活動、やっぱり不利?

看護師の免許をお持ちの方の中には、 「出産を機に現場を離れた。」という方も少なくはないでしょう。 また、結婚に伴うご主人の転勤などの理由から一旦離職をされ、 その後出産→育児へ…という方もいらっしゃるかもしれません。

とはいえ、せっかく取得した看護師免許です。 現在は専業主婦だとしても、出産や子育てによるブランク(空白期間)の後に 「また看護師として復帰したい…。」と願うのは当然の事でしょう。

小さなお子さんを抱えながらの就職・転職活動となると、看護師という職に限らず 「ブランクがあるけど、大丈夫かな?」「小さな子供がいる事は就職でネックになるんじゃあ?」 といった不安がでてくるのではないでしょうか。育児はもちろん大仕事ですし、

それと同時に“看護師”という職業も大変にハードな物です。 その二つを両立するとなると、いかに本人・職場共に負担の大きい物なのか…簡単に想像できますね。 「子育て中です」と伝えて、面接官にマイナスな印象を与えてしまう恐れを懸念される方もいらっしゃるようです。

人手不足が叫ばれる医療機関において看護師さんの就職・転職事情は売り手市場であると言われ、 それに加え“看護師”という職業自体まだまだ女性の占める割合の大きい職業でもありますので、 子育てとお仕事との両立を目指す“お母さんナース”を支える体制をとっている職場も存在しています。

もちろん、全ての医療機関で“子育てをサポートする体制”が整っているわけではありませんので、 これから現場復帰をめざして求職をはじめる“お母さんナース”の方は 「小さな子供がおり、子育てとお仕事との両立を希望している事」を病院側にしっかり伝えるようにして下さい。

たしかに、“お母さんナース”はフットワークの軽い独身看護師に比べ就職・転職に不利な存在かもしれません。 しかし、育児をしながら現場で活躍している看護師さんも大勢いらっしゃいます。 それだけ、子育て中の“お母さんナース”に対する理解がある職場も多く存在しているというわけです。