看護師が仕事と育児の両立を目指すなら

仕事と育児の両立は難しい?

看護師が仕事と育児の両立を目指すなら

看護師さんのお仕事は大変ハードです。と同時に、看護師に限らず子育ても忙しいものですね。 そんな「ナースのお仕事」と「子育て」とを両立させようとがんばる“お母さんナース”の皆さんには、 時間・肉体、どちらにも負担が大きく苦労が多いでしょう。

しかし、実際に現役の看護師として働きながら子育てを両立させるお母さんも大勢いらっしゃいます。 “お母さんナース”本人の努力はもちろんですが、お父さんや、おじいちゃん・おばあちゃん など お母さんとお子様を取り囲む周囲の協力や理解が不可欠になってきます。

ですが、周囲のサポートや自身の努力には限界があります。 そもそも、お父さんやおじいちゃん・おばあちゃんの協力を望めない“お母さんナース”もいらっしゃるでしょう。

ご主人の転勤により両家の実家から離れた場所で生活している家庭であれば おじいちゃん・おばあちゃんからのサポートを受ける事は出来ないでしょうし、

またご主人も夜勤のある職種であれば、家庭でお子様を見ることが出来るのはお母さんのみに…、 となってしまいます。もしもそんなお母さんも看護師として働いているのであれば、 お母さんの努力!などという精神論で「お仕事」と「子育て」は物理的に両立できないでしょう。

では、“お母さんナース”の皆さんが「お仕事」と「子育て」の両立の為自分で行う事が出来る 工夫には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか? ご主人、両家のご実家以外の協力を考えてみましょう。それは「職場からの理解」です。

幸い近年では“お母さんナース”の存在も珍しくありませんので、 そんな働くお母さん達をサポートする体制の整った職場も多く存在します。 看護師として活躍するお母さんたちは、そんな数ある選択肢のなかから

より自分に合った働き方で無理の無い「お仕事」と「子育て」の両立を目指す事の出来る時代なのです。 「周囲のサポートが受けられないなら、自分ががんばるしか無い!」または、 「現場を退いて子育てに専念しなくっちゃ…。」といった考えを、 「理解のある職場への転職をめざそう」という風にシフトしてみましょう。 お仕事と子育ての両立にも希望が見えてくるのではないでしょうか?