病院の託児所のメリットとデメリットは?

准看護師求人 → 准看護師求人-病院の託児所について

准看護師求人-病院の託児所について

「ナースのお仕事」と「子育て」の両立を目指す“お母さんナース”にはいくつかの選択肢があります。 正規の職員としての雇用形態に拘らなければ、パートやアルバイトの看護師として活躍する事も出来ますし 病院の中に託児所を設けた職場で働いているのであれば、そこにお子様を預けながら働き続ける事が出来ます。
准看護師の求人をお探しの方

“お母さんナース”自身にとってもメリット・デメリットがありますので、 それらを天秤で図りながら、より自分らしく無理の無い働き方が出来る物を選ぶべきでしょう。

それと同時に“お子様にとって”生じるメリット・デメリットにも目を向けるべきです。 毎日現場で活躍するのは“お母さん”ですが、その選択によって同じ様に毎日保育園・または託児所に通うのはお子様なのです。

「保育園」と「託児所」の違いは、呼び方だけではありません。 代表的な違いとして上げられるのは、“クラスの分かれ方”なのではないでしょうか。 多くの方がご存知の通り、保育園や幼稚園では “年少さん(3さい)” “年中さん(4さい)” “年長さん(5さい)”…という風に別れています。

年少さんよりも小さなお子様であっても、0さい、1さい、2さい…と別れていますし、 ケースに寄っては0歳児のなかでも月齢で区切っていることもあるのです。 このように年齢・月齢で区切る事によって、その年頃に応じた保育や教育を受けるシステムになっているのです。

これに対して、託児所でのクラスの区切りは “0さい〜2さい” “3さい〜5さい”…という風にザックリとしています。

この区切り方によって、そのお子様に応じた保育や教育が出来ないといったデメリットが生じる反面 様々な年齢の子供達と接することが出来るというメリットもあるかもしれませんね。

「保育園」と「託児所」の違いを理解し、お母さんとお子様が納得のいく選択をするようにしましょう。 また、どちらか一つ!と決めず、平日の日中を保育園・夜勤や土日を託児所へ…、 という選択をされる看護師さんもいらっしゃるようです。